VPSでC++を動かす

自分は札幌の株式会社システムインテグレーションでSEとして勤務しています。
主な業務はシステムの設計やDB設計、お客様との商談やプレゼンテーション、要件定義に新人教育など結構幅広いです。

プログラミングを行う機会は減ってしまいましたが、プライベートな時間は趣味でプログラミングをやって楽しんでいます。

最近はC++を学習しました。

Microsoft の VC++ではありません。
マシンは SGI の Indigo、IRIX というUNIX 上で動作するC++ プログラムでした。

それ以前にC言語の仕事はしていて、多少の知識はありましたが、かなり別物でした。
と言うか、「大変」なポイントが、CとC++では違う感じです。
自分の場合、扱うプログラムがフォトレタッチャ(Adobe Photoshop の様な写真加工ソフト)だったという事情もあるとは思いますが・・・。

とりあえず、数少ない解説本を片手に、クラスの解析から始めました。
C++の文法は理解できても、巨大なクラス構造を理解しないと、事実上、仕事にならないワケです。
(こういう部分は、Java と同じです)

Cのライブラリも複雑なものは大変ですが、C++の場合は多重継承があり、仮想関数があります。
具体的に言うと、「関数宣言の実態が、どこに書かれているか判らない」などです。
親のクラスを見に行くと、そこに定義は無く、さらに親のクラスで書かれているワケです。
しかし、無限に継承が可能なワケですから、どこで定義されているかは追っていかないと分かりません。
(Java で多重継承が禁止されたのは、こういった理由でしょうね。)

この辺は、クラス階層についてのドキュメントが必須なのですが、一切、ありませんでした。
今なら開発環境が優秀になっていますから、Eclipse などで検索が可能です。
当時は統合開発環境はありませんでしたから、テキストのソースファイル群を grep で検索して調査しながら理解しました。

ある程度、クラス階層について理解すると、クラスの持つ膨大なメソッドを使って開発が可能になります。

これら膨大なメソッドを使ってC++でWEBサービスを作ってみようと考えました。
そこでまず必要になるのがサーバです。
クラウドは料金がとても高いのでVPSサーバにすることにしました。
ワンコインで借りれるVPS「サーバーズマン」をチョイスしました。

VPSでC++を動かすにはちょっとしたコツが必要なのですが、その辺りはネット上に大量の資料があるので、サクサクっと進んでいけます。
そしてWEBサービスを公開後、ベンチを計ってみるとかなり高速に動作していることが分かりました。
やはりC++はかなり高速に動くようです。
また格安VPSも値段以上に働いてくれています。