vps比較

99円の格安レンタルサーバを使ってみた

俺はインターネット利用が増えていくこと、資格やスキルの習得をめざし、HTMLの勉強を思い立ちました。

プログラミング本は書店にたくさんあるので迷うほどですが、図解で詳しく書いてある書籍を2冊購入し学習に取り組みました。
内容としてみるとその本、やはりHTMLの初歩の初歩については記載してあるのですが、細かいTIPSや工夫していくような幅の広さがあるわけでもなく、学習は思いのほか進みません。
基本的なbody内のタグは一通り進めるもののそこから先については専門書が必要になるようです。他のプログラミング言語でも同じかもしれませんが、HTMLも基本的なテキスト入力やテーブルは誰にでもできるのですが、高度なプログラムを書いて作っていくのにはもっと根源的な理解が必要になります。これにつまずき、学習は滞ることになってしまったのです。

勉強がはかどらなくなったので資格やホームページ作りは進展せず、スキルとしても初歩的な理解しかできていませんでした。
それから数年がたち、自分の時間が取れるようになりだしたところから再びHTMLの学習を再開したのです。

その時はブログサービスや無料テンプレートを改造していく形で合わせてHTMLを覚えようとしたわけですが、これもはかどらずに苦労します。

ブログの場合は、HTMLの理解に関わらずに進めていけるのですが、テンプレートを使ったホームページではプログラム文を書き換えなければならないのですから、head部分やbody内の必要な個所を的確に書き換えなければホームページとして不完全なものになってしまいます。

今はホームページ作りもひと段落してしまい、別な作業に取り組んでいます。これからHTMLを勉強したい人でも相応の知識や時間が求められるために、時間を割いて資格を取るなどしたい人以外には不向きかもしれません。
ブログは手軽にプログラミングの知識なく作れますし、ホームページ作成支援ソフトもあるでしょう。一昔前ほどにホームページを手作りしたい人は減っているようにも感じます。

テンプレートを使うと手軽にデザインの良いWEBサイトが作れるのですべて自分で作りたいというわけでないなら、HTMLを覚える必要もないかもしれません。
資格の重要性としてもHTMLには疑問符が付きます。

そこで俺は資格取得を来年の課題として先送りし、まずはホームページを作成できるスキルを身に付けることにしました。
HTMLはそこそこ組めるようになったので、次は実際にサーバを借りて世界中に公開したいと思いました。
そうなれば話は早くサーバのことを調べてみると、レンタルサーバという形式で外部にサーバを借りて、そこにHTMLを置き、ホームページとして公開する方式が一般的なようでした。
自分の感覚としては、自宅のパソコンにWEBサーバを立ち上げて、そこから公開するものだと思っていました。
だけどその方法だとサーバの乗っ取りや停電、24時間休みなくパソコンを稼働させるため電気代や下手をすると火事が起こってしまうそうで、レンタルサーバを借りるのが当たり前とのこと。
あまりお金をかけたくなかったので99円のレンタルサーバを借りました。
設定などは特に必要なくFTPというツールでHTMLファイルをサーバに渡すだけで、ホームページが公開されてしまいます。
あっけないですがこんな感じで俺のHTML学習は終わりを告げました。

月額480円の激安サーバでホームページを公開する

僕は今、中古車の営業販売の仕事をしています。
ただこの業界時代が下火傾向のため、将来に対する不安が徐々に大きくなってきました。

そこで僕は将来の転職に備え、インターネット利用が増えていくこと、資格やスキルの習得をめざし、HTMLの勉強を思い立ちました。
WEBデザイナーやプログラマーになりたいと考えたからです。

プログラミング本は書店にたくさんあるので迷うほどですが、図解で詳しく書いてある書籍を2冊購入し学習に取り組みました。
内容としてみるとその本、やはりHTMLの初歩の初歩については記載してあるのですが、細かいTIPSや工夫していくような幅の広さがあるわけでもなく、学習は思いのほか進みません。基本的なbody内のタグは一通り進めるもののそこから先については専門書が必要になるようです。他のプログラミング言語でも同じかもしれませんが、HTMLも基本的なテキスト入力やテーブルは誰にでもできるのですが、高度なプログラムを書いて作っていくのにはもっと根源的な理解が必要になります。これにつまずき、学習は滞ることになってしまったのです。

勉強がはかどらなくなったので資格やホームページ作りは進展せず、スキルとしても初歩的な理解しかできていませんでした。それから数年がたち、自分の時間が取れるようになりだしたところから再びHTMLの学習を再開したのです。その時はブログサービスや無料テンプレートを改造していく形で合わせてHTMLを覚えようとしたわけですが、これもはかどらずに苦労します。ブログの場合は、HTMLの理解に関わらずに進めていけるのですが、テンプレートを使ったホームページではプログラム文を書き換えなければならないのですから、head部分やbody内の必要な個所を的確に書き換えなければホームページとして不完全なものになってしまいます。

これらHTMLの基礎をある程度学び、そこそこのホームページが作れるようになったところで、公開して皆さんの反応を見てみたいという欲求がわいてきました。
そこで僕はレンタルサーバを契約することにしました。
しかし単なるレンタルサーバではパンチが効いていないと思い、当時の最先端サーバであるVPSを契約することにしました。
契約したのはsakuraVPSです。
契約自体はクレジットカードの番号を入力したり、サーバのスペックを選んだりするだけでとても簡単でした。
しかしその後のSSHやFTPなど意味不明な単語がわんさか表れ、ぼくの脳みその許容量を超えてしまい、ホームページ公開は暗礁に乗り上げてしまいました。
その後半年かけてなんとかホームページの公開にこぎつけ今に至ります。

今はホームページ作りもひと段落してしまい、別な作業に取り組んでいます。これからHTMLを勉強したい人でも相応の知識や時間が求められるために、時間を割いて資格を取るなどしたい人以外には不向きかもしれません。ブログは手軽にプログラミングの知識なく作れますし、ホームページ作成支援ソフトもあるでしょう。一昔前ほどにホームページを手作りしたい人は減っているようにも感じます。テンプレートを使うと手軽にデザインの良いWEBサイトが作れるのですべて自分で作りたいというわけでないなら、HTMLを覚える必要もないかもしれません。資格の重要性としてもHTMLには疑問符が付きます。

VPSでC++を動かす

自分は札幌の株式会社システムインテグレーションでSEとして勤務しています。
主な業務はシステムの設計やDB設計、お客様との商談やプレゼンテーション、要件定義に新人教育など結構幅広いです。

プログラミングを行う機会は減ってしまいましたが、プライベートな時間は趣味でプログラミングをやって楽しんでいます。

最近はC++を学習しました。

Microsoft の VC++ではありません。
マシンは SGI の Indigo、IRIX というUNIX 上で動作するC++ プログラムでした。

それ以前にC言語の仕事はしていて、多少の知識はありましたが、かなり別物でした。
と言うか、「大変」なポイントが、CとC++では違う感じです。
自分の場合、扱うプログラムがフォトレタッチャ(Adobe Photoshop の様な写真加工ソフト)だったという事情もあるとは思いますが・・・。

とりあえず、数少ない解説本を片手に、クラスの解析から始めました。
C++の文法は理解できても、巨大なクラス構造を理解しないと、事実上、仕事にならないワケです。
(こういう部分は、Java と同じです)

Cのライブラリも複雑なものは大変ですが、C++の場合は多重継承があり、仮想関数があります。
具体的に言うと、「関数宣言の実態が、どこに書かれているか判らない」などです。
親のクラスを見に行くと、そこに定義は無く、さらに親のクラスで書かれているワケです。
しかし、無限に継承が可能なワケですから、どこで定義されているかは追っていかないと分かりません。
(Java で多重継承が禁止されたのは、こういった理由でしょうね。)

この辺は、クラス階層についてのドキュメントが必須なのですが、一切、ありませんでした。
今なら開発環境が優秀になっていますから、Eclipse などで検索が可能です。
当時は統合開発環境はありませんでしたから、テキストのソースファイル群を grep で検索して調査しながら理解しました。

ある程度、クラス階層について理解すると、クラスの持つ膨大なメソッドを使って開発が可能になります。

これら膨大なメソッドを使ってC++でWEBサービスを作ってみようと考えました。
そこでまず必要になるのがサーバです。
クラウドは料金がとても高いのでVPSサーバにすることにしました。
ワンコインで借りれるVPS「サーバーズマン」をチョイスしました。

VPSでC++を動かすにはちょっとしたコツが必要なのですが、その辺りはネット上に大量の資料があるので、サクサクっと進んでいけます。
そしてWEBサービスを公開後、ベンチを計ってみるとかなり高速に動作していることが分かりました。
やはりC++はかなり高速に動くようです。
また格安VPSも値段以上に働いてくれています。

プログラミング学習用の格安VPSサーバ

自分はWEBプログラマーとして働くため、VPSをレンタルしてサーバ上で学習しました。
言語はPHPです。
LAMPという環境を作り学習をしました。
LAMPというのはLinux、Apache、Mysql、PHPのオールインワン環境のことで、PHPでWEBサービスを作成する場合の定石となっている環境です。

最初は環境を構築するだけでも一苦労でしたが、何度も作ってはOSの再インストールを繰り返すこと十数回、作業にも慣れ、10分ほどで環境を作れるまでになりました。

VPSサーバはServersManでレンタルしていたのですが、OSの再インストールは管理画面からボタン一つでできるので、失敗したら作り直すのがとても楽にできました。
サーバ構築の学習効率を上げるにはVPSが一番いいような気がします。
目で見るよりも、手を動かして覚えると頭に残りやすいですしね。
プログラミング学習用のVPSを選ぶポイントは価格です。
スペックはある程度悪くても価格の安いVPSがオススメです。
なぜなら価格が安ければ学習期間が長くなったとしても、VPSを維持していけるからです。
価格が高いと途中で勿体ないと思ってしまい、学習がストップしてしまっては元も子もありません。
VPSはしっかり比較して価格の安いサーバを選びましょう。
参考文献→vps 比較

このようにVPSを借りてサーバの設定ができるようになったら、次はいよいよPHPプログラミングの勉強です。
PHPはブラウザ経由でサーバ上のスクリプトを呼び出し、ブラウザ上に表示された内容として結果を受け取ります。
しかし、この方法で学習するのは、ハッキリ言って無駄です。

自分の場合はサーバがUNIXマシンだったので、ログインしてエディタでスクリプトを書いていました。
これを、シェルから実行してやれば、結果がタグで出力されます。
ファイルにリダイレクトしておいて、それをブラウザに読ませれば、ユーザが見る画面を再現できます。

たいていは、デバッグ中はここまでいきません。
スクリプトの実行途中でエラーになるからです。
このエラーを確認するのも、途中結果を出力して確認するのも、UNIX上の方が自分は簡単でした。

print文が「どこまで出力されるか」で、どこまで動作したのかが判ります。
また、エラーメッセージが、問題のある行を示してくれますので、vi などで即、その行を修正できます。
どこが問題か判らなければ、適当にコメントアウトする事でも、問題ある場所の特定は可能です。
スクリプト言語ですから「動かなくなる行」が必ずあるワケで、そこへ近づく様に範囲をせばめて行けば良いだけです。
これを繰り返せば、習得自体は難しくありません。

何らかのフレームワークが入っている場合は、もっと話が複雑になりますが、最初に学習するのであればこれがシンプルで良いでしょう。
ユーザと同様に、クライアント側で開発やデバッグをすると、手間がかかるだけでなく効率も悪いと感じます。